カテゴリ: 保育士資格

私は30代後半にして、今年ついに保育士の資格をとることができました。
育児、二人目の妊娠出産を挟んでの資格取得は3年かかり、なかなか大変なものではありました。
結婚するまでは、10年近く児童養護施設の職員をしていました。養育環境に問題がある子どもたちを受け入れる施設です。私は主に学童期の児童を担当していました。
その後出産をして、乳幼児期の愛着形成について自分の子どもや自分自身の育児を通して強い関心を持つようになりました。育児本もたくさん読みました。しかし、より専門的に学びたいと思うようになりました。そこで行き着いたのが保育士資格をとることでした。
長女のお昼寝の一時間半、就寝後一時間を毎日です、ら参考書を二冊、問題集一冊を何度も繰り返しました。育児をしていたからわかる知識、参考書から学んだことなど、この勉強にはプラスがたくさんありました。

私は児童養護施設での経験、自らの子育て、保育士の資格を得て、将来何かできないか考えました。今、漠然といいなと思うのが、保育ママです。子どもがまだ未就学なので先の話ですが、それまでパートなどで認可保育園で修行したいと思っています。
また、長女がYAMAHAに通っていてリトミックをしているのですが、リトミックの資格をとり自分の子どもはもちろん、リトミック教室などを開けたらなと思っています。リトミックの資格は保育士としても強みになると思うので、投資したいです。

ブログで宣言することで、
できるかできないかはさておき、目標をもち、生き生きとした生活を送れるような気がします。image

長女、滑り台をすべるの写真。
親ににて運動神経に難ありのよう…

image

ついに来ました。

長女が一歳だったH24夏に保育士試験を初受験。1教科落とし、H25夏再受験。筆記を全て合格し、秋の実技へと進むところが…。
2子目長男の出産予定日と実技試験日程がもろに被り、受験を断念。
そして昨年秋、ついに3年目にして実技試験を受けることができ、合格。
晴れて、保育士資格をとることができました。
やったー。

保育士をとった理由などはまた後日…

↑このページのトップヘ